家

家の劣化を防ぐなら外壁塗装を依頼しよう!

家の外側の改修工事

作業員

紫外線や風雨にさらされる外壁は、定期的にメンテナンスをして場合によってはリフォームを施すことが大事です。経年劣化したままの外壁をそのままにしておくと、雨水が染み込んで素材の内部から腐ったりカビが発生して家自体の耐久性が低くなってしまうのです。リフォーム専門業者では、外壁の改修が行われています。外壁に使用される材質によってリフォーム方法は異なりますが、一般的に最も多く行われているのが外壁の塗り替えです。塗り替えによるリフォームの場合には、まず最初に外壁の洗浄が行われます。塗装をしっかり定着させるためには、事前に表面の汚れをしっかり除去しておく必要があるのです。洗浄後によく乾燥させたら、下地剤が塗布されその上から何重にも塗装が施されます。塗装の際には、他の部分を汚さないようにビニールシートで養生されるため安心です。塗装だけでは済まない程外壁が劣化している場合には、上から新しい外壁を重ね張りすることによってリフォームすることが可能です。下地となる元々の外壁の隙間をシーリングなどで補修した後、希望のデザインの外壁が装着されます。下地部分から劣化が進まないように、事前に洗浄や防腐剤の塗装も行われます。隙間ができないようにしっかりと接合されるため安心です。いずれの工事の場合も、事前に家の周囲に足場が組まれます。足場専門の業者はリフォーム業者によって手配されるため、自分たちで探す必要はありません。リフォームが完了次第、足場は解体されます。